インドネシアの結婚式事情

みなさんはインドネシアの結婚式についてどれくらい知っていますか?

インドネシアは人口に占める若者の割合が高く、既婚率も日本と比べて高いです。例として20代の既婚率(上から2番目の欄)を比較すると、インドネシア人女性の既婚率は69.8%であるのに対して日本人女性の既婚率は21.7%となっています。(出典:Global Market Surfer

インドネシアの結婚式と一口に言っても、宗教や民族によってそのスタイルは異なります。今回は2022年のレバランに行われたイスラム教徒同士の結婚式の様子をお届けします。(レバランについての記事はこちら

結婚式前日

結婚式前日の夕方18時には新郎新婦の親戚一同が結婚式会場に集まり、一緒に食事をとり談笑します。出席者は50~60人ほどでした。

20時半過ぎに皆が解散した後は女性(主に母親たち)が会場に残って翌日の結婚式で参列者に配るお土産の準備や会場の飾り付けをします。

結婚式当日は何をするの?

今回参加した結婚式は新婦の家で行われました。家といっても100人単位が一度に出席できるほどの規模です。家の中だけではなく庭にテントを張り、特設ステージやテーブル、椅子を並べて即席の会場として使われました。

結婚式全体にかかった時間は朝7時から14時までの5時間でした。簡単な流れは以下のようになっています。(※時間で区切られているわけではないためおおよその時刻です。)

時間内容詳細
7時〜
8時
Akad Nikah
儀式
1. Pembukaan(結婚式の開会)
2. Khotbah Nikah(宗教指導者による結婚の心構えの説明)
3. Ijab Kabul(結婚の契約と証人による承認)
4. Doa Nikah(幸せを願う祈り)
5. Penandatangan Buku Nikah(結婚証明書の授与)
6. Penutup(結婚式閉会)
9時〜10時写真撮影・カメラマンによる撮影・新郎新婦と順番に撮影していく
11〜
14時
披露宴・余興や食事を楽しむ

7時から式が始まりました。参列者は新郎新婦の親戚が主で、人数はおよそ100人です。会場は庭から一続きに開かれていて全体を通して出入り自由です。

結婚の心構えを示すことから儀式は始まります。その後宗教指導者および証人のもとで新郎が新婦の父に結婚の許可をもらいます。

一通りの儀式が終わったあとは写真撮影に移り、新郎新婦と参列者で順番にカメラマンに写真を撮ってもらいました。1回につき3ポーズほど撮影していたので順番が回ってくるまでかなり時間がかかりました。

写真撮影がひと段落した後は披露宴に移ります。披露宴でのお色直しはありませんでした。この時間は参列者は自由に他の参列者との交流や余興を楽しみます。余興では庭に設置された特設ステージが使われます。内容としては歌を披露する人が主でした。

参列者の服装は?

女性の参列者はクバヤやガミス(全身を覆うためのワンピースのような服)、男性はバティックを着用していました。正装であればOKです。

今回の結婚式では主催者側からドレスコードが指定され、女性は赤色の服を着るように案内がありました。

日本の結婚との違いは?

インドネシアでは結婚式の中で結婚が成立するため、式なしでは結婚は成立しません。その中でも特に重要なのは3番目の契約と承認の部分です。また、結婚に際して新郎から新婦へ贈り物(マハル)をする必要があります。マハル(またはマフル)は結納金のようなもので、何をどのくらい贈り物として授けたのかを結婚式で明らかにして初めて新郎としての義務を果たしたと見なされ、結婚が承認されます。一方日本では婚姻届が受理されることで結婚が成立するため結婚式を挙げなくても結婚は成立します。

日本で行われるキリスト教式の結婚式と、今回参加したイスラム教式の結婚式の主な違いは以下の通りです。

・新郎新婦の生い立ちや馴れ初めには焦点を当てない

・宗教指導者及び証人などの第三者の承認が必要になる

・結婚式当日に契約を交わす

いかがでしたか?

多民族国家のインドネシアには民族や宗教の数だけ結婚式のスタイルがあります。

みなさんも機会があったらインドネシアの結婚式に参列してみてください。通りすがりの人でも飛び入りで参列することがあるようなので、きっとあたたかく迎えてくれますよ。

インドネシアのレバランってどんな感じ?

ラマダンの記事に続いて「レバランって何?」「断食についてはなんとなく知っているけど、そのあとはどうするんだっけ?」という方に向けて、今回は2022年のインドネシアのレバランの様子をお届けします!

レバランって?

レバランは断食明け大祭のことで、1か月にわたる断食が終了した後に家族や親戚一同が集まってお祝いします。2022年のレバランは5月2日、3日でした。

この他にもインドネシア政府から「有給取得奨励日」が設定され、公務員は祝日となり会社員は有給休暇を取得することが推奨されます。2022年は4月29日(金)から5月6日(金)が有給取得奨励日にあたり、土日を含めて最大10連休となる大型連休になります。日本のゴールデンウイークと長さも時期もほぼ同じです。

この期間は国民の祝日なので授業もお休みになります。ただ、授業がないからとレバラン休暇用に課題を出す先生もいます。日本の大学と同じですね。

寮に住んでいる高校生や親元を離れて暮らす大学生はこの期間に実家に帰省します。履修している授業が全てオンライン形式で行われている学生の中には連休前から帰省している人もいました。個人差がありますが、大学生は2回の長期休暇、1回のレバランと年3回ほど帰省するようです。

帰省中は何をするの?

帰省した学生は実家で何をするのでしょうか?今回はなんと大学の友人の帰省に同行させてもらう貴重な機会をいただいたのでその様子をお伝えします!

期間は4月29日から5月8日の10日間です。連休の全てを友人の実家で過ごしました。ダイジェストにして振り返ってみましょう。

【1~3日目】

まずは家族との久しぶりの再会を喜びます。前回の長期休暇以来の3、4ヶ月ぶりの再会だそうですが、友人が満面の笑みで母とハグをしている様子が印象的でした。

友人の高校生の弟もこの期間に帰省しています。毎年レバラン休暇には友達の家に交代で泊まっていて、今年は友人の弟の家の番なんだそう。泊まりに来た友達は手土産に鶏の丸焼きを5羽分も持って来ていました。

この期間はまだ断食期間中なので3時に起き、1日のエネルギーを蓄えるべく朝食をとります。(ラマダン中の生活についての記事はこちら)

インドネシアでは1日に2回水浴びをするのが一般的なようです。お邪魔したお家にはシャワーではなく貯水槽のようなものがあり、そこから水を汲んで汗を流します。トイレを流すための水、水浴び、歯磨きの水は全て一緒です。最初は衝撃的でした。

そしてエアコンもないので、暑さに弱い私は常に扇風機の前で涼んでいました。

レバラン休暇を通して親戚の家を訪ねて回ります。この日も友人の父の兄弟の家にお邪魔しました。ご挨拶を済ませると所有する畑を見せに連れて行ってくれ、帰る時に袋の中にいっぱいに入ったお花を分けていただきました。インドネシアでは特に農家の間で物々交換が頻繁に行われていて、お互いの畑で採れたものを交換したり家畜と交換したりと分け合うことが日常的な行為のようです。この写真の野菜やお花は全て分けていただいたものです。

一家族で食べるには多すぎるので更に近所の人に呼びかけて、 欲しい人がいたらおすそ分けします。人からもらったものだけで1食分の食事ができてしまうこともあります。

そして子供たちのためのTHR(Tunjangan Hari Raya/レバラン手当)の準備をしました。THRとは会社員が各宗教の大祭の祝日に支給される、給与の1ヶ月分に相当する手当のことを指します。このTHRは大人のためだけのものではなく、親戚から子供たちにも配られます。日本でいうお年玉です。小学生などの小さい子供にはRp 10.000(日本円でおよそ85円) 、中高生にはRp 20.000(およそ175円)、大学生には Rp 50.000(およそ450円)を準備します。ポチ袋のような封筒にお札を入れて合計80枚も用意しました。THRには新札を使います。銀行で新札に換えるか新札を扱う路上商人のところで手に入れる場合もあるそうです。

【4~6日目】

5月2日は断食が明けて最初の日です(2022年)。日本の年越しの瞬間のように断食が明けたことを盛大にお祝いするのかと思っていましたが、意外にもそれほどお祝いムードはなく、気付いたら終わっていたというような雰囲気でした。

断食が終了した初日はムスリムが朝6時頃から一斉にモスクに集まります。男性は2階、女性は1階の外というように場所が分かれていました。シートの上に座り、流れる放送を聞き礼拝をします。今年もレバランを迎えることを告げ、気持ちを新たに切り替えます。全体の所要時間は体感では30分程度でした。

親戚同士だけではなく近所の人々ともお互いの家へ挨拶回りをします。一家の祖父母や両親、子供など一度に4~8人程度が訪れます。家のドアは日中は開放されていて、ドアの前のスペースには来客用のお菓子や果物がたくさん準備してあります。お昼ごろには食事を振舞うこともあります。

来客を迎えるだけではなく歩いて近所の家を回ります。1日で4、5軒を回り、行く先々で来客用のスペースへ通され、お菓子や飲み物が振舞われ、しばらく談笑します。

その賑やかさと一度にたくさんの人に会ったことから帰宅する頃にはへとへとになってしまいました。日中だけではなく20時を過ぎてからでもバイクで10分程度の距離にある親戚の家へと出かけ、更にそこで1時間ほどお菓子を食べながら談笑した日もあります。夜遅い時間でもみんなで大笑いしながら21時頃まで盛り上がっていました。

近所の人たちとの繋がりは特に女性たちの間でかなり強く、会話や物々交換の他にも家に集まってカラオケを楽しんでいる様子が見られました。スピーカーやマイクなど本格的な機材が揃っていました。

【7~10日目】

終盤も変わらず1日4~5軒ずつ親戚の家を回ります。親戚の家を訪問していると1日があっという間に過ぎるので、レバランは毎年同じようなスケジュールになるのだそうです。

この期間には親戚の結婚式がありました。レバラン休暇には親戚一同が集まるので結婚式をするタイミングとしてよく選ばれるそうです。式が行われる場所は友人の実家から更に車で5時間ほど移動した先にありましたが、レバランと結婚式のために飛行機で1時間半ほどかけてジャワ島の西から東まで移動してきた人もいました。結婚式については別の記事で詳しくご紹介します。

その他に友人の母が勤務している高校で”Halal Bihalal”という式典が開催されていました。

Halal Bihalalについてインドネシアのあるウェブサイトでは

「Halal Bihalalとはお互いに赦し合う集会である。この赦しはレバランを迎えた時に行うことができる。この集会は通常お互い握手をして謝罪し、謝罪された方もまた相手を赦し、そして謝罪する (筆者訳)」

と説明しています。

出典: SumberPengertian.ID ”Pengertian Halal Bihalal dan Maknanya”

学校の体育館くらいの広さの場所に特設ステージがあり椅子が並べられ、日本の学校での式典と形式は大差ありません。出席者には軽食と飲み物が配られました。式辞がひと段落した後は歌手を招いて歌を聞いたり、自由にステージで歌ったり、先生方が写真を撮ったりして過ごしていました。学校関係者やその家族のための懇親会のような雰囲気でした。

最後には家族とお互いの健康を願って別れ、大学のある場所まで帰っていきます。

以上がこの10日間の一連の流れです。いかがでしたか?

インドネシアではかなり人同士の距離が近く、繋がりも濃いように感じられました。特に子供好きな人が多く、子供は引っ張りだこになるので誰がお母さんかわからないなんてこともしばしば。一人の子供を地域または親戚みんなで育てているような雰囲気でした。

日本ではレバランの空気を体験する機会はあまりないかもしれません。興味を持った方はラマダンとレバランの過ごし方について調べてみましょう。いろいろな過ごし方が見られて面白いですよ!

著者:渡辺麻友(わたなべ まゆ)
東京外国語大学国際社会学部東南アジア地域/インドネシア語専攻 在籍
インドネシアのガジャ・マダ大学 留学

ガジャマダ大学キャンパスツアー【後編】現役学生に聞いてみよう!

インドネシアの「ガジャマダ大学」について知っていますか?今回は、インドネシアのジャワ島、ジョグジャカルタに位置するガジャマダ大学についてご紹介します。

この記事は【前編】【後編】の二部構成になっています。【前編】ではガジャマダ大学の概要について説明していますので併せてそちらもチェックしてみてくださいね。

前編では大学の基本的な情報についてお伝えしてきました。ガジャマダ大学の雰囲気を感じていただけたでしょうか?

続いては学生から見たガジャマダ大学についてご紹介します。今回はガジャマダ大学文化学部日本語学科に実際に通っている4年生の方から大学についてお話を聞くことができました!入試制度、カリキュラム、有名な学部、就職先、卒業生について一つずつ紹介していきます。【前編】で載せきれなかった大学の写真も載せていますので、キャンパスツアー気分で読んでみてくださいね!

学生が語る!ガジャマダ大学ってこんなところ

——大学の入学試験はどんな感じでしたか? 

ガジャマダ大学に限らず、インドネシアの大学入学試験には4種類あります。

一つ目は“SNMPTN(Seleksi Nasional Masuk Perguruan Tinggi Negeri/推薦入試)と呼ばれるものです。これはそれぞれの生徒が在籍する高校ごとに行われるものですが、問題を解くテストとは違います。高校での成績や学校外での活動として数学オリンピックや科学オリンピック、英語のスピーチコンテストなどの大会の成績が評価の対象として見られます。

例えば同じ高校内で150人がガジャマダ大学を志望したとして、その中で選ばれるのは5人ほどです。何人選ばれるかはそれぞれの高校のランクや志望する学部によって変わります。レベルの高い高校であればあるほど選ばれる生徒の数が多くなります。この試験に通った生徒はそのままガジャマダ大学に入学する権利を得ることができるので、他の生徒よりも早く受験を終えることができます。

二つ目は“SBMPTN(Seleksi Bersama Masuk Perguruan Tinggi Negeri/全国国立大学入学試験)と呼ばれるテストです。これは高校を卒業してから受ける試験です。志望する大学に関わらず、インドネシア全土で同じテストを全員が受けます。

三つ目は“Ujian Mandiri(個別試験)”と呼ばれるテストです。このテストはそれぞれの学生が志望する大学に行って受けます。私が受けた時は150000ルピア(日本円でおよそ1300円)の受験料を当日に支払いました。テストの内容は大学のランクによって変わり、同じくらいのランクの大学は同じ問題が出されます。例えばガジャマダ大学はインドネシア大学と同じ問題が使われますね。

ここまでは大学入試の一つの流れになっていますが、その他にもう一種類インドネシア全土で行われる特別なテストがあります。このテストは一つ目のテストと同じように、問題を解くものではありません。学生個人の能力をアピールして、大学側が欲しい人材だと思えば合格を出すというものです。例えば特定のスポーツで世界大会に出場したなどの成績を大学側にアピールし、大学がそれに魅力を感じれば合格を出します。

——日本と制度が似ていますね。合格までの道のりは長そうです。倍率はどのくらいでしたか?

私が受験した時の日本語学科の倍率は35倍くらいだったと思います。文化学部はガジャマダ大学の中では比較的入りやすい学部と言われているので、これでも倍率は低いほうです。

——壮絶な戦いですね…晴れてガジャマダ大学に入学した生徒はどんなカリキュラムを受けられますか?特徴や強みを教えてください。
私の所属する日本語学科のカリキュラムはとても優れていると思います。日本語の会話を初心者からN3(※日本語能力試験のレベル。レベルの目安はこちら)まで高めることができます。日本語学習の初期から中盤にかけては特に日本語そのものを学ぶためのテキストを重点的に勉強します。ただ、英文学や人類学に比べて言語学により焦点を当てているので、日本語学科の授業の中だけでは研究することができる理論が少ないと思います。そのため言語学以外の研究をしたい学生は他の学科の授業を受けないといけません。

あくまでも私の受けたカリキュラムの話であって、最近カリキュラムが更新されたようなので後輩の代ではより柔軟な体制になることを期待しています。

——まだまだアップデートされているということですね。ガジャマダ大学と言えばどの学部が有名ですか?

文系では経済ビジネス学部、理系では医学部が看板学部だと思います。他には法学部の建物も他の学部よりも比較的大きいので力を入れている学部の一つだと思います。

——なるほど。日本でも将来の仕事につながるという理由でそのような学部も人気ですね。その学部の卒業生はどこに就職する人が多いですか?

経済ビジネス学部は大手銀行や会計士が就職先として人気です。医学部は言わずもがな医師ですね。

——日本語学科の学生の就職先はどのようなところが多いですか?

培った語学力を活かして通訳や翻訳、教師になる人が圧倒的に多いです。インドネシアの会社はもちろん日本の会社に就職する学生もいます。

——では、海外で働く学生は多いですか?

多いと思います。卒業生の中には住友グループで働いている人もいます。

——ガジャマダ大学の有名な卒業生は誰ですか?

有名な卒業生といえば政府関係者が多い印象です。森林学部を卒業したジョコ・ウィドド大統領、経済ビジネス学部を卒業したジャカルタ州知事アニス・バスウェダン氏も卒業生の一人です。

いかがでしたか?このインタビューから分かるように、ガジャマダ大学に入学するにはかなり厳しい戦いを勝ち抜かなければならないようです。実際に友人の中には、ガジャマダ大学が位置するジャワ島ではなくバリ島やスラウェシ島など違う島から大学に入学するために引っ越してきたという人も少なくありません。

まとめ

【前編】【後編】の二部に渡ってガジャマダ大学全体の概要からキャンパス内の数々の施設について、またガジャマダ大学の学生の実際の経験についてご紹介してきました。

インドネシアの大学について知り、その雰囲気に触れる機会となれば幸いです。