「日本で自動車を運転したい」「希望する職種には自動車免許が必要だ」「Go to トラベルで混雑する電車やバスの使用を控えたい」日本で生活しているみなさんの中にはこのような思いを持つ人がいるのではないでしょうか。

日本で自動車を運転するには自動車免許証が必須です。また免許を持つ事で職業選択の幅が広がります。

この記事では、日本の自動車免許制度の紹介をし、国際免許についておよび海外免許の切り替えの方法、注意点を説明していきます。

<目次>

1 日本で自動車を運転すること

2 国際免許と海外免許の切り替え

2-1国際免許証
2-2海外の免許証を切り換える

3 まとめ

1日本で自動車を運転すること

日本は世界の中で少数派の左側通行国。更に信号や標識・標準の違い、その他の交通ルールの違いから海外の免許証をそのまま日本で用いることはできません。そのため、日本で運転をするには国際免許証、あるいは海外で取得した免許を切り替えて利用する必要があります。または新規で免許を取得することができます。
免許証不携帯は反則金3000円。無免許運転は「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」となります。なお、運転者が無免許運転だと知りながら車を提供した・車に同乗した者も同様となります。

2 国際免許と免許の切り替え

2-1 国際免許証を持っている場合

国際運転免許証とは、ジュネーブ条約「道路交通に関する条約」(1949)に基づき、自分が運転免許を持つ国や地域以外で運転を可能にする許可証です。
国際免許証の有効期限は、その免許自体の有効期限か日本に上陸した日から1年間のうち短い期間となっています。(警察庁HPより)

国際免許

2-2 海外の免許証を持っている場合

海外の免許を日本の免許に切り換えるには各都道府県警察の運転免許センターで確認手続き(適性検査・交通ルール知識確認・技能確認を含む)が必要です。

・有効な海外の免許証
・翻訳文
・パスポート
・証明写真 など(詳細はこちら

これらの書類を持って運転免許試験場に行きます。申請料は普通自動車の場合2550円です。

ただし、スイス、ドイツ、フランス、台湾、ベルギー、エストニア、モナコ(国際運転免許証を発給していない国又は地域であって日本と同等の水準にあると認められる免許制度を有している国又は地域)の運転免許証を所持している場合は、翻訳文と共に携帯することで日本で1年間運転が可能です。(細かい手続き方法はこちら

例1 インドネシアの免許を持つAさん

・18歳以上であること、免許取得後インドネシアに90日以上滞在したこと、必要書類があることを確認し手続き。

・運転免許センターで知識確認・運転確認(予約し後日)を受ける。
(※日本語を話さない場合は通訳可能な同伴者を要する)

・合格したら写真撮影し、免許交付。

例2 台湾の免許を持つBさん

・有効な台湾の免許証の翻訳文を、大使館、台湾日本関係協会または JAF(日本自動車連盟)等で作成する。

・台湾の免許証と翻訳文を携帯することで1年間運転可能。
※1年未満の滞在なら知識・運転確認は免除。ただし、長期滞在の場合は運転免許センターでの手続き(Aさん同様)が必要。

3 まとめ

日本で運転するためには、

・国際免許を利用する
・海外で取得した免許を切り替えて日本の免許を受ける
・日本で新たに取得する

このうち、既に持っている国際免許・海外の免許を利用する上から2つのパターンを見てきました。1年未満の短期滞在で、国際免許や切り替えを利用する場合には有効期限や年齢・滞在日数などの条件を注意して確認し、日本での安全安心な運転を楽しみましょう。

また各都道府県の警察、運転免許センターに問い合わせ、自分にあった免許取得方法を確認しましょう。

参考:
東京都警察庁HP「外国で取得した運転免許証を日本の運転免許証に切替えるには」

神奈川県警察HP「外国の運転免許から日本の運転免許への切替手続について」

日本自動車連盟HP「スイス・ドイツ・フランス・ベルギー・エストニア・モナコ・台湾 における運転免許証の日本語翻訳文について」