インドネシア「ものづくり人財」
育成・紹介

キャリアダイバーシティ株式会社は、インドネシアの現地教育機関と提携し、理系高度技能人材の育成及び就職先の紹介を行っております。 企業様の採用ニーズに沿った人材の育成・紹介をいたしますので、お気軽にご相談ください。

これまで、以下のような企業様よりお問い合わせいただいております。 貴社が探している高い技能を持つ理系人材がインドネシアで見つかることでしょう。


ご紹介する「ものづくり人財」

弊社がご紹介する「ものづくり人財」は、インドネシアの理系トップクラスのインドネシア大学やバンドン工科大学、ガジャ・マダ大学で産業機械工学、電気電子工学、材料工学などの工学の知識を修めた20代の方が中心となっています。また、弊社独自の語学プログラムに参加し、約6ヶ月から1年にわたり日本語を本格的に学習、日本での就労に必要な語学スキルを身につけたバイリンガル・トリリンガル人材のご紹介になります。

高度技能人材のご紹介のみを承っており、技能実習や特定技能のご紹介は行っていませんのでご了承くださいませ。

Albertさん (バンドン工科大学・機械工学部)

日本は技術面において大変優れており、エンジニアとして日本でチャレンジ することが現在のモチベーションになっています。現在、私は日本で働くために一生懸命日本語を勉強をしており、新しい文化・環境で早く働く ことにワクワクしています。

「ものづくり人財」採用の流れ

貴社への入社を希望する学生を募集します。募集時には貴社が人材に求めるスキルや経験などを募集要件に入れ、高いモチベーションを持ち、貴社の要件を満たす人材を絞ります。

集まった候補者の書類選考・面接を貴社にしていただきます。面接はご納得がいくまで行うことができます。 その後、採用を決めた候補者に内定を通達後、日本語プログラムへの参加が始まります。

日本語プログラムでは、学習レベルに応じて半年から1年程、内定者は毎日日本語を学習します。 ビジネスレベルとされる日本語能力試験N2の合格を目指し、内定者は日々の学習に励みます。

内定者のプログラム終了後、貴社に最終面接をしていただき、その後正式に雇用契約を締結していただきます。 その後、内定者は日本へ渡航し、入社する流れとなります。

採用のポイント

インドネシア最高峰の理系人材

インドネシア国内でも上位5%の学力を持つ学生の中から、貴社が求める日本語能力を持つ人材を採用いただけます。 これらの学生は、インドネシア政府系の案件や現地大手企業から引く手数多の人材で、大きな活躍が期待できます。

中長期的な人材チャネルの確保

インドネシアの平均年齢は29歳と若く、長期的に働ける人材確保のチャネルとしての可能性を持ちます。 他国の若い人材を採用することで、向こう数年の採用契約も立てやすくなります。

入社前から入社後までのフルサポート

学生の語学研修から、入社後の定期面談まで当社が一貫してサポートいたします。 当社にはインドネシア人採用に精通したスタッフがおりますので、安心して困りごとはご相談ください。

スケジュール

参加学生の例

<学習内容>数値流体力学、空気力学、航空機設計、航空機システム

<卒業研究>CFDを用いた煙突の煙の大気拡散モデリング

<スキル>Solidworks, ANSYS CFX & FLUENT, AutoCAD, Python, C++

<学習内容>設計、電気、再生可能エネルギー、熱伝達

<卒業研究>バイオマス・石炭の混合のバイオオイルへの変換

<スキル>AutoCAD, Solidworks, Inventor, Q-Blade, Python

<学習内容>エネルギー変換、設計、流体力学、3Dデザイン

<卒業研究>500kVAの電力を生成できる小型の風力タービンを設計

<スキル>Solidworks, ANSYS, AutoCAD, Blender, MATLAB, Q-Blade

<学習内容>流体力学、設計、熱力学電磁場解析

<卒業研究>車両のフロントエンドプレートとタイヤ周りの三次元乱流解析

<スキル>CAE Software, Solidworks, AutoCAD, Autodek CFD, CATIA

参加学生の様子

安心のサポート体制

企業様と学生の間に言語や文化の壁が生まれないよう、インドネシア人材に精通した二名のスタッフがコミュニケーションのサポートをいたします。 最初の面接から入社後まで、あらゆるご相談に柔軟に対応いたしますので、コミュニケーションについて心配の必要はございません。

異文化を配慮した生活情報提供

初めてインドネシア人材を採用する企業様に対して、受け入れに際して配慮すべき言語の問題や文化等について、事前に当社より説明いたします。 また、採用した人材が日本での日常生活において困ることがないよう、当社が情報提供のサポートを無償で行います。

受入研修サポート

企業様がムスリム社員を採用する際に、当社より「現場の多様化マニュアル」をお渡しした上で、必要な対応について説明をいたします。 受け入れに際して必要な準備・対応についてご納得いただいた場合のみ、正式な採用が可能となります。

メディアサポート

受入企業様と入社するムスリム社員に対し、居住地域や会社周辺で社員が飲食できる店舗について、必要に応じて事前に情報提供をいたします。 当社グループは2014年よりムスリム向のWEBメディアを運営してまいりました。 その中で食や文化等に関する記事を1,500以上配信する等、ムスリムの人々にとって役立つ情報発信を行ってきた実績がございます。


「ものづくり人財」に関して

お問い合わせ・資料請求はこちら